ギーマニから往復400円!無料で入れる温泉のクオリティが高すぎる

寒い。

死ぬほど寒い。

どうも、ギークハウス真庭の『寒がりキング』ことヒラノです。

毎日寒すぎて身体の芯が凍りそうなので、我々は温泉に行くことにしました。

ただし、普通の温泉ではありません。

『無料温泉』です。

ギーマニの近くにはそんなヤバすぎるものがあるのです。

 

まずは、真庭市を走り回るコミュニティバスである『まにわくん』に乗ります。

無料で入れる湯原温泉

 

運賃表を見ての通り、大人料金が200円という破格の料金です。

 

車窓からの風景。山、川。以上。

 

バスにゆられること40分。

湯原温泉に到着です。

 

道中『油屋』と書かれた温泉旅館がありました。ジブリ作品の千と千尋の神隠しを思い出します。

 

途中に足湯がそこかしこにあります。もちろん無料です。

 

更にダムの方面に向かいます。そこにお目当ての場所である無料温泉の『砂湯』があります。

 

『名泉砂湯』とかかれております。もうすぐ砂湯。焦る気持ちを抑えて更に先に進みます。

 

このダムの下に温泉が湧き出ているのです。ワクワクです。

 

到着しました。

 

砂湯は無料の温泉だけあって、ドアのあるような建物はありません。

ここから先は撮影禁止エリアなので残念ながら写真は無し。実際に来て満喫していただきたい。

 

また、洗い場はありませんが、脱衣所は完備されていて清潔感があり、満足度は高かったです。

無料とは思えない湯とロケーションのクオリティに大満足で、気づけば1時間くらい湯に浸かってました。

この温泉は湯原の町の方が定期的に掃除やメンテナンスをしてくれているようです。

湯の温度が三段階くらいにわかれているので、ぬるめの湯に長時間浸かって、最後に熱い湯で身体を暖めて締めるのもありでしょう。

混浴なのでカップルや家族で来ても楽しめること間違い無し。

 

温泉に入ったらお腹が空いてきたので、近所の喫茶店でランチを食べることに。

 

玉ねぎがシャキシャキしててウマかったです。サラダとドリンクがついて950円なり。

 

僕はといえば、気持ちよすぎてもう完全に何かを開いた表情になってました。南無。

 

砂湯までの交通費が往復400円で、温泉自体は無料なので、400円あれば温泉を無制限で楽しむことができます。ワンコイン以下で温泉いけちゃうんです。ヤバいですよね。

ちなみに真庭市を走っているコミュニティバス『まにわくん』は片道どこまで行ってもたったの200円(子供100円)という超破格プライス。

今のうちに遊びに来たほうがトクですよ〜。

真庭市に来たら無料温泉の砂湯に寄ってリラックスしてみませんか?